CLIENT'S BACKGROUND

JCBインドネシアは、日本発の世界的に有名なカード決済会社であり、現在もインドネシアにおける、日本発の唯一のクレジットカード発行会社です。JCBは1961年に日本国内でカード事業を開始。1981年以降、世界各地に展開しています。現在、JCBカードはアジアを中心に発行数を増やしており、会員数は1億4,000万人超。そんなJCBの国際的な成長戦略の一つは、世界の大手銀行や金融機関数百社と提携し、加盟店やカード会員を増加させることです。なおインドネシアでは、BCA、BNI、CIMB Niaga、Bank Mandiri、Maybank Indonesiaの6大銀行と提携。特に、日本国内では様々な特典やクロスボーダーサービスを提供しています。

現在JCBインドネシアは、世界的なコロナウイルスの大流行とそれに付随したインドネシア経済への影響を鑑み、「JCB Peduli Anak - Semua Bisa Belajar」(JCBチャイルドケア - All Can Learnプログラム)と名付けたプログラムを展開。この活動を通して、5000万IDR相当の教育資金を配布することになりました。このプログラムのミッションは、質の高い教育への公平なアクセスを適切に促進することで、このプログラムを推進するために同社は、LOGIQUEと協働し、キャンペーンの企画立案やデジタルマーケティングの支援、寄付活動のためのプラットフォームの構築などを行っています。