LOGIQUECASE STUDY
case study logique

BUMA

case study logique
case study logique

BUMAについて

PT Bukit Makmur Mandiri Utama(BUMA)は、1998年に設立された、インドネシアで2番目に大きな独立したマイニング会社です。現在、BUMAは、両方の大規模な採炭などのサービスの提供を通じて、インドネシア内で大きな市場シェアを保持しています。特に石炭産業内において強い競争力を保有しています。

BUMAは、約12,000人の従業員に支えられ、表土の除去、採炭、石炭の輸送、埋め立てから土地修復整地プロセスまで、幅広いサービスを実行できます。 BUMAは、コマツ、キャタピラー、日立、ボルボ、スカニア、メルセデスなどのブランドの2,500台を超える重機を保有、管理しています。

可能な限り最高のサービスを提供するために、BUMAはすべての分野でオペレーショナルエクセレンスを目指して努力を続けています。

case study logique
case study logique

背景

インドネシアの石炭産業全体の主要な顧客にサービスを提供する独立した鉱業請負業者として、BUMAは可能な限り最高のサービスを提供することを目指しており、採掘作業を安全、効果的、効率的にするよう努めています。

このため、BUMAは定期的に自社の重機車両の適切なメンテナンスを行っています。

重機のメンテナンスは、間違いなく比較的費用のかかる投資です。 BUMAは、計画から検査プロセス、そして最終的に実行に至るまで、自社の資産を最適化するために適切な管理システムが必要であることを認識しています。

これに基づき、BUMAはLOGIQUE DIGITAL INDONESIAと協力して、BUMA Digital Maintenance(DigiMan)と呼ばれる重機検査システムを開発することを決定しました。


case study logique
case study logique
case study logique

重機の管理

マイニングビジネスに使用される重機は、非常に高価であり、適切な状態管理とメンテナンスが必要とされます。

通常、最大の生産性と利益を達成することを期待して、複数のプロジェクトを同時に管理します。したがって、BUMAは、石炭を効率的に採掘するために、所有する重機を最適に割当、最大の稼働率を実現する必要があります。稼働率を高くするために、重機の検査、状態管理が重要となります。

適切に管理されていない場合、損傷した重機は会社に莫大な損失をもたらします。新しい重機を購入するコストに加えて、それはまた、採掘プロセスを妨げ、クライアントに大きな不満を引き起こします。

また、重機の破損も長期的にはマイナスの影響があり、今後のプロジェクト確保が困難となる可能性があります。したがって、請負業者が重機の機能を拡張および維持する戦略を実行できることが重要です。


case study logique
case study logique

ソリューション:デジタル検査システム

定期的にかつ適切に建設機械の状態を確認することが重要です。これにより、会社はそのような機器がまだ良好な状態にあり、将来のプロジェクトに利用できるかどうかをすぐに知ることができます。

検査プロセスは徹底的に行う必要があります。一見すると、マシンは正常に見えるかもしれません。ただし、機械の内部機能が損なわれている可能性が常にあり、すぐには気付かない可能性があります。

BUMAが引き続き最高レベルの生産性を達成することを目指していることを考えると、徹底的な検査プロセスを手動で実行することは不可能です。そのため、実用的なデジタル検査システムの導入を決定しました。このシステムにより、重機の検査は、現場からの返却後、素早くかつ正確に詳細に実施できるようになりました。

デジタル検査システムにより、BUMAは機器の状態を迅速に記録および分析できます。重機が損傷していることが判明した場合、会社はダウンタイム期間を予測して、新たに機器の再配分を行うことを可能にしました。

重機の定期検査は、会社の労働力の全体的な安全性の向上にも大いに役立ちます。したがって、会社はプロジェクトをスケジュールどおりに完了することができます。


case study logique
case study logique
case study logique

適用技術

BUMA Digital Maintenance(BUMA Digiman)と呼ばれる重機検査システムは、D-Order、D-Inspect、およびD-Executeの3つの主要モジュールを使用して開発されました。これら3つのモジュールは、BUMAの資産を適切に管理するプロセスを簡素化するのに役立っています。

このシステムは、モバイルデバイスを介して簡単かつ実用的に使用できるように開発されました。 Androidデバイスで最適に動作するために、BUMA DigiManもKotlinテクノロジーを使用して開発されました。このテクノロジーは、Androidとの互換性が高く、セキュリティも優れているために選択されました。さらに、BUMA Digimanは、APIを介してSAP、Power BI、AzureADなどのいくつかの外部サービスとも統合されています。


case study logique

BUMA車両検査システム(DigiMan)のパフォーマンス

BUMA Digital Maintenance(DigiMan)モバイルアプリケーションの重機検査システムの開発は、PT Bukit Makmur MandiriUtamaに非常にプラスのメリットをもたらしました。実際、BUMA DigiManは、資産のメンテナンスプロセスを効果的に加速および簡素化しました。このアプリケーションは、監視ステータス、検査結果、予算の使用状況、およびマイニングプロセスの円滑な運用を可能にするその他の事実に関して、BUMAの管理者に有益な情報を提供し業務の効率化に大きく寄与しました。

case study logique
case study logique

Other Case Studies

ABOUT LOGIQUE

As a professional team in website creation services, LOGIQUE provides the best optimized solution for your business. In addition to website creation services, LOGIQUE also provides other services such as digital consulting services, application creation services, web design, web system development, SEO services, and printing. We provide detailed structured designs for the creation of corporate websites, applications, as well as the creation of large-scale websites or systems with a combination of targeted design and good system architecture.