インドネシアのWeb制作業界のためにLOGIQUEができることを実行したいと思います。

LOGIQUEの吉次です。

 

Versi bahasa Indonesia  /  English version

 

COVID-19は世界的に非常に大きな問題となってしまいました。多くの人、法人にとって大変厳しい局面です。いつまで続くのか分からない、収束後どのような世界になるのか分からないというのも大きなストレスになっています。

 

インドネシアの企業も大変です。

欧米の国や日本に比べると、国からの補償に関して具体的な、かつ効果的な話が聞こえてきません。キャッシュリッチでない中小企業、レバレッジをかけていたスタートアップなどは深刻な状況にあるのではと危惧しています。

 

当社のお客様、パートナー様、ご安心ください。

当社は相対的に安全な状態にあります。

 

当社では、元々リモートワークを取り入れていましたので、仕事の仕方に大きな変化はなく、スピードや質も落ちていません。ストップさせないと約束いただいている案件がいまのところは十分にあります。リモートワークを効果的に行っていた経験をDokodemo-Kerjaという製品にして展開もしていますので、この製品を導入いただくお客様の数も増えています。

もちろん、現在の状況が続き、新規案件がない状態が長くなると、当社も決して安泰ではありません。いろんな状況への対応策をシミュレーションしています。

 

周りを見ますと、当社よりずっと苦しんでらっしゃる会社が多いです。

同業界のウェブ制作会社やシステム開発会社で資金繰りが既にショートしてしまっている会社やチームもでてきています。

委託先が事業停止状態になってしまい未完了のプロジェクトの先行きが不透明になり困ってらっしゃる会社もあります。

業界のために当社ができることを行い、少しでもマーケットの再興に貢献したいと思います。

 

そこで、

・お問い合わせいただいた同業の会社に当社の製品、Dokodemo-KerjaNippoを5月末まで無償提供することでリモートワークを管理可能な体制に整えるご支援をします。

・仕掛中のプロジェクトの遂行が難しくなってしまった場合に、当社で引き継ぎ納品することをご支援する。納品することでプロジェクト費用を得ることができます。

・稼働してないProgrammerやDeveloperのリソースを有効活用するため、当社が保有する案件をSub-Contractorとしてご支援いただく。

・資金面でのご支援をする

 

いずれの点でもご興味お有りの方はお気軽に[email protected] にEメールでご連絡ください。詳細は個別にご相談させてください。

御社名、Corporate WebのURL、代表者のご連絡先を記載いただくようお願いいたします。

 

2020年4月 吉次

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Posts