ラマダン中もリモートワークを活用して生産性を下げない!

さて、また今年もラマダンの時期になりました。

個人的にはもう7回目になります。
いままでの経験を活かし、当社では思い切ったルールを適用しました。
多くの会社でこの1ヶ月間は就業時間を早めるのが一般的です。(日が暮れて水を飲み、食事ができるときに家に着いていられるように)

8時〜16時(昼休みなし)とかになる会社が多いかと思います。

当社では、10時から14時だけをコアタイムとし、それ以外の時間はリモートワークを可能としました。

この時期は下記のような事情、要望があります。
・16時から18時にとんでもない渋滞が発生する、
・家族(子供)に食事を用意しなくてはいけない立場の人は16時から帰宅では十分な時間がない、
・朝早く起きてるので就業開始時間までがもったいない、
・昼間は、体調悪い、眠すぎるなどで、集中できないので18時以降(食事を取ってから)働きたい、

当社では、Dokodemo-Kerjaを使っているので、どこで勤務していてもしっかり管理できて生産性の高い仕事ができるので、渋滞で時間をロスすることや、生産性があがらない体調の時に働かないことを徹底することにしました。

まだ数日しか経ってませんが、スタッフからは感謝されていますしいまのところうまく行っています。
インドネシアの多くの会社にお奨めしたいと思います。

Dokodemo-Kerjaは1ヶ月間無料で試用できますのでお気軽にご連絡いただければと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Posts